3月のパン教室は「生ハムとカマンベールのパン」と「パン・オ・ベーコン」。2月の教室に引き続いて、今回も同じパン生地から2つの違う顔を持ったパンの作り分けを体験していただきました。

1つのパン生地から2つのパンを作る時の重要なポイントは、ずばり「スピード」と「タイミング」。
パン生地を2つに分け、片方だけにベーコンとブラックペッパーを混ぜ込み、2種類のパンを作ります。混ぜ込みのタイミングの見極めがポイントになるレッスンでした。

今回もパン教室ベテランの皆さま、そして初めてご参加の皆さま、たくさんのご参加をいただきました。初めてご参加の方が「あれ?」と困ったときは、すかさずベテランの皆さんが強力なサポート! 手際よい作業が要求される2つのパンの作り分けも、素晴らしいチームワークでばっちり成功です。

最後はいつものように楽しい試食のお時間です。
サイドメニューは春キャベツとツナのペンネ、生クリームソース。デザートには苺の生クリーム添えをご用意。今回もパン作りのお話、そして日々の出来事について、笑い声のあふれる、とっても楽しい時間をご一緒させていただきました。
今回も皆さまのご参加、大変ありがとうございました。