8月のパン教室は「クグロフ・サレ」と「クグロフ」を皆さんに作っていただきました。

いつものように8名の皆さんをお迎えして開催した今回のパン教室、ご参加いただきました皆さんは、

「パンのクグロフって、どんな感じ???」
「ケーキの生地なら分かるけど、パン生地をどうやってこの焼型に入れるの???」

と興味津々。
そうですよね、やはり「クグロフ」は洋菓子のイメージですから。
もちろん通常のパンのもっちりとコシのある焼き上がりから比べると、クグロフはしっとり、やわらかく仕上げたいものです。しっとり、やわらかを実現するために欠かせない材料は・・・ そうです、卵ですよね。だから今回の生地は卵たっぷり。皆さんペタペタ、フニャフニャといつもよりやわらかな生地に最初はちょっと苦戦されたかもしれません。

それでも徐々にコツをつかんできて、柔らかくて丸めるのが大変な生地を上手にあつかって、焼型の中にきっちりと収めていました。だからとっても綺麗な焼き上がり、うーん、さすがです!
最後に「クグロフ」の方にはレモンのアイシングをかけて完成!!

試食タイムには、

「初めての食感だ〜」
「食事とデザート、一度にふたつ作れるなんて、一石二鳥だね〜」
「レモンの風味が爽やかで、暑い季節には嬉しい〜!」

とおしゃべりもはずみました。

今回のパン教室で、皆さんの「パンの世界」がまた少し拡がったようでしたら、こんなに嬉しいことはございません。
ご自宅でチャレンジされる際に、ご不明なことがありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせくださいね!

今回も皆さまのご参加、大変ありがとうございました。